« ワカマルと触れ合う | トップページ | カローラ・ルミオン »

2007.10.14

NXTの開発環境を一新

マインドストームNXTの開発環境としては付属のソフトがあるのですがなんとも「使いにくい」。
聞くところによるとNXTの開発ソフトはNI社のLabVIEW7.1がベースになっているとのことでLabVIEWに良く似たROBOLABという開発環境もあるらしい、そのほかにもテキストベースの言語でも開発は出来るみたい。
でもテキストベースの言語は最近使っていないので覚えるのが面倒くさい、それを使うのなら会社で使い慣れたLabVIEWでということでLabVIEWver8.0(お試し版)+NXTツールキットで開発環境を構築してみました。
(このツールキットはパッチを当てないと日本語版LabVIEWで使えないんですよね)

LabVIEW8.0は以前展示会で貰ったもの、ツールキットはNIのサイトからダウンロードしてやってみました、いやー付属のソフトなんかより使いやすくていいねー、まぁでもNXT自体のプログラムで使える関数はものすごく制限されてますけどね。
でもPC上で動くNXTとBluetoothで通信するプログラムを作れるのでNXTを動かしながらいろいろなことをPC上でやれそうです、いろいろとやってみたいと思います。

|

« ワカマルと触れ合う | トップページ | カローラ・ルミオン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22923/16754893

この記事へのトラックバック一覧です: NXTの開発環境を一新:

« ワカマルと触れ合う | トップページ | カローラ・ルミオン »